現行犯逮捕後の接見面会

覚醒剤を使って逮捕された

Post on 2016年6月17日

罪の意識が自分はそれほどなく、覚醒剤をその時のノリで使って、逮捕されたことがありました。友達の家に呼ばれて、お酒を楽しく飲んで話をしていました。よくない噂のある先輩から、電話がそのような時にかかって、何をしているのかと聞かれたので、お酒を友達の家で飲んでいると言うと、その先輩も友達の家に来るようになりました。

そして、先輩が来て、覚醒剤のことをすぐに話始めました。 興味は全くありませんでしたが、そのような素振りを示すと機嫌が悪くなるため、興味があるような格好をしていると、持ってきた注射器と覚醒剤を出して注射を自らにしました。そして、自分達にも覚醒剤を打てと言われたので、最初は断ったところ、非常に機嫌が悪くなったため、止む無く友達と2人で覚醒剤を打ちました。感覚はなんとも言えないようなもので、ゾクッと背筋の付近がする感覚が非常に恐ろしくなってきました。そして、非常に感覚が変になったまま、先輩は非常に機嫌がよくなって、どこかへそのまま行きました。

どの程度それから時間が経過したか覚えていませんが、インターホンが鳴ったので友達が出たところ、刑事がそこにはいました。そして、尿検査を全く分からない状況でされた結果、覚醒剤が出たようで、すぐに逮捕されました。正直言って、信じられないような状況に戸惑いました。刑事の取り調べの際には、状況を細かく説明しました。

しかしながら、帰ることがその日はできませんでした。罪名は覚せい剤使用罪ということでしたが、悪いことをそれほどした感じはなかったため、非常に後悔しました。面会に親や友達が来てくれましたが、警察官が一緒にいたので事情を伝えることができませんでした。4週間ほどこのような日々が続きました。親や友達が、大量の本を差し入れてくれたため、それほど退屈はしなくて済みました。