現行犯逮捕後の接見面会

過失相殺の重要性

Post on 2016年10月21日

実際に起きた交通事故において一番の課題となるのは、なんといっても事後においての事故当時の、被害者と加害者それぞれの間における、相互の責任の度合いである「過失相殺(かしつそうさい)」の割合の有無といえます。どうしても事故後においての現場の様子から、その当事者同士間においての責任の割合を様々な角度から計算を行い、そのうえで保障の割合についての検証をしていくといったカタチになりますので、現場での証拠がものをいうのは言うまでもありません。

一番ベストなのは、その事故現場においての様子を映像のカタチで収録などをしているカタチといえます。しかし、大抵の交通事故においての起きるケースといった時に限って、映像で収録を出来ないような状況の中で起きたりする場合が非常に多く、起きた場合での収録などもその事故が起きてしばらく経った頃に撮られたりしたもが大半ですので、そういった点から、事故後の補償においての過失相殺についての時間が掛かってしまうといった傾向があります。

そのような事態を考慮したうえで、車の運転中において録画を常に回しながら運転をしたりしているドライバーの方などもおられるようですが、今度はそのような事態を巡り、新たなインターネット上においての情報のやり取りの面においての問題が起きたりしており、実際には難しい社会的現実があるような様子といえます。